カワイ?レナードとスパーズに何があったのか オールスター

カワイ?レナードとスパーズに何があったのか オールスター

タイプが全然違うので単純な比較はできません。NBAついての質問 今のカワイレナード選手全盛期のレブロン選手超えて 今季見始めたので全盛期のレブロン知りません オールスターでそうでたカワイレナード選手1人だけ別格感じます 今日のドンチッチ選手眩むぐらい カワイ?レナードとスパーズに何があったのか。今シーズン。スパーズからトレードされてラプターズでオールスター級の活躍し
ているカワイ?レナード。一体彼ます。 -シーズン。ケガから復帰した
レナードは月中旬から月中旬の間の試合だけスパーズに戻りました。また
。今シーズン。パウ?ガソルがセカンド?オピニオンにより足の骨折を見つけた
そうですそんな状況から今の選手に上り詰めたのは。デニスの
貢献もあっての事だと思います。2人の絆が深いのは理解できます。

デジョンテ?マレーのドラフト指名とスパーズの育成。指名順位を上げようと試みる価値のある選手っていうのはごく少ないし。そんな
選手の一人がウチに来てくれて運がいい」とコメントしていましたが。また
マレーと最初に面談したチームはスパーズだったそうですが。一応これは
のに検討していきますが。「私はこう思います」という主観的な意見を連ねた
ところで「お前がそう思っているだけだろ」とスパーズとその育成について知
ろうとするとき。最良の研究対象といえるのがクワイ?レナードです。

タイプが全然違うので単純な比較はできません。なにをもって超えたとするのかによりますね単純な能力値で言えばかなりきわどいですがレナードがわずかに勝っていると思います。ただバスケットボールは全員の力を以て点数が上回ったチームの勝ちなのでそういったリーダーシップの面で勝っているのはレブロンだと思います。レナードはプレーで魅せるタイプなのでチームメイトが気付かないとそのまま負けてしまうので…よって、選手としてプレーだけならレナード、総合的に見ればレブロンといったところでしょうかレナードの化物なところはあれで1回アキレス健切ってますからね歴史上、ほぼ独力で優勝できたスターはいません。だからこそ、長期的な視野とバスケットIQが必要になる。レブロンのバスケットIQをカワイ、もしくはKDがもっているとは思えません。だから全盛期を比較してもレブロンが上だと考えます。今のカワイのポジションに全盛期レブロンを持ってくると、しっかりミスマッチを作ります。いくら勝てるとは言え、クリバーやフィニースミスに対してそのままオフェンスを仕掛けるようなことはしません。私が見る限り冷静なレナード、情熱的なレブロンという感じでタイプが異なるので比較は難しいですが、お互いチャンピオンリングを複数のチームで持っているので、勝利を導く術は長けていることは間違いありません。レブロンがレナードを超えているとすれば、ドラフト1位であそこまで期待されてNBA入りをし、ここまでのカリスマ性があることではないでしょうか。引退までカウントダウンは既に始まってはいるかもしれませんが、歴代1位の総得点数を狙える位置にいるというのは、生きてる内にもう見れないかもしれないと思うとやはり超越していますね。38歳の今であんなトップレベルのプレーをしてるのですよ!全盛期はバケモンですよ!笑いや、全然超えてません。レブロンは、いくらイーストが弱かったとはいえ、ほんとに「イーストのどのチームでもレブロンさえ入ればそこがファイナルいけんじゃね?」とわりと本気で議論が成り立っちゃうくらいでした。事実、キャブスで最後にファイナルにいったチームはなかなか弱かったです。最初にファイナルにいったキャブスもそんなに強くはありませんでした。ほんとにレブロンは、ひとりでチームを劇的に強くすることができる選手でしたし、いまもまあまあそうです。そもそも今年もたぶんレブロンがオールnbaファーストで、カワイがセカンドだと思うので、いまの時点でカワイがレブロンより上とさえ言えないです議論の余地は大いにあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です