憲法条文?重要文書 現行憲法の内容の

憲法条文?重要文書 現行憲法の内容の

自民改憲案:9条、73条、64条、47条、92条、26条、89条共産党「自衛隊は違憲である」9条の文章、経緯から見て正しいと思います。日本人で改憲派 自認する人、 現行憲法の内容の 気入らないのか 現行憲法および自民党改憲案比較表。日本国民は。自然との共生を信条に。自国のみならずかけがえのない地球の環境
を守るため。力を尽くす。 第章 天皇 現行憲法, 自民党草案 第条天皇, 天皇
は。現行憲法下の内閣制度。昭和年年5月3日に現行憲法が施行され。また。同時に?内閣法」が
施行されて。現在の内閣制度が確立した。すなわち。国民主権の下で。立法。
行政及び司法の三権分立を徹底させるとともに。議院内閣制という基本的枠組み
の下日本国憲法の「三大原理」を考える塾生レポート。冒頭。日本経済新聞の記述を借りるが。この5月。日本国憲法は施行から丸58
年を迎え。大日本帝国憲法1890-1947の施行期間を超えたようだ。
明治20年代から昭和20年代までの国内?国際情勢の変化と。昭和20年代
から

憲法改正に関する十分な議論,並びに現行憲法の基本原理及び立憲。本年5月3日,日本国憲法が施行されてから72年が経過した。 この間,私たち
は,国民主権?基本的人権の尊重?恒久平和主義を基本原理とする日本国憲法の
下で,自由で民主的な社会を追求し,また,世界から平和国家世界中の憲法との比較で見えた日本国憲法の特徴。現行憲法として最も古いアメリカ合衆国憲法が施行されたのは年である。
以来。世界中で約の成文憲法が制定されてきた。 一口に憲法といってもその
ありようはさまざまである。アメリカのように当初の憲法条文?重要文書。日本国憲法 目次 第1章 天皇1条-8条; 第2章 戦争の放棄9条; 第3章
国民の権利及び義務条-条; 第4章 国会条-条; 第5章 内閣
条-条; 第6章 司法条-条; 第7章 財政条-条; 第8章

自民改憲案:9条、73条、64条、47条、92条、26条、89条共産党「自衛隊は違憲である」9条の文章、経緯から見て正しいと思います。なので9条は変えた方が良いですね。憲法が施行されたのは1947年。日本に自衛権はありませんでした。日本国憲法は日本の自衛権を保証していません。日本国憲法では自衛権を持てないんです。日本に自衛権が認められたのは1952年4月です。ここで発効した「日本との平和条約5条C」によって日本は自衛権を得ました。集団的自衛権も得ました。日本が戦力を持つようになったのは朝鮮戦争が勃発したからです。警察予備隊1950年8月→保安隊1952年7月→自衛隊1954年7月日本占領米軍が出兵する事になり、日本の治安維持補完のために警察予備隊を作らせます。日本が自衛権を得た3か月後に、日本に戦争を手伝わそうと日本帝国軍の武装を持ち出させ、自衛隊の前身である保安隊を作らせます。日本は集団的自衛権を発動し、死傷者を出しています。韓国が武力で日本人に死傷者を出して竹島を占拠したのは、日本が自衛権を得る3ヶ月前の1952年1月。憲法を作った後に戦力を持ってしまったので、「自衛のための武装は戦力ではない」という屁理屈を言うようになります。「日本には武力ならあるが戦力はない」と同義で、戦力でない武力なんかありません。なので自民案では以下を追記し、自衛隊の正当性を担保しています。第九条の2第1項前条の規定は、我が国の平和と独立を守り、国及び国民の安全を保つために必要な自衛の措置をとることを妨げず、そのための実力組織として、法律の定めるところにより、内閣の首長たる内閣総理大臣を最高の指揮監督者とする自衛隊を保持する。第2項自衛隊の行動は、法律の定めるところにより、国会の承認その他の統制に服する。第73条の追記、64条の追記もあるべきだと思います。第73条の2第1項大地震その他の異常かつ大規模な災害により、国会による法律の制定を待ついとまがないと認める特別の事情があるときは、内閣は、法律で定めるところにより、国民の生命、身体及び財産を保護するため、政令を制定することができる。第2項内閣は、前項の政令を制定したときは、法律で定めるところにより、速やかに国会の承認を求めなければならない。第64条の2大地震その他の異常かつ大規模な災害により、衆議院議員の総選挙又は参議院議員の通常選挙の適正な実施が困難であると認めるときは、国会は、法律で定めるところにより、各議院の出席議員の3分の2以上の多数で、その任期の特例を定めることができる。、一番は防衛の問題でしょう。現行憲法では 敵が先に攻撃して来ないと武力行使できない。敵が先制攻撃して来ると言う事は自衛官や海上保安官の犠牲が必ず出る。また長距離ミサイルでの攻撃となると、反撃できない……と言ったところでしょう。しかし、ちょっと考えてみて下さい。敵の先制攻撃以外の条件で、相手の明確な侵略意図が判明するならば、日本側には犠牲者は出ません。つまり、敵の先制攻撃の手段を封じてしまえば、何の問題も発生しない訳です。現実の問題に当てはめて見ましょう。現在の一番の危機は 中共による尖閣諸島や南方の離島の侵略危機です。それらの離島が占領されたら、それを足掛かりにして更に侵略の手を伸ばすのが容易になってしまいます。では、それらの離島を侵略されないようにするためには、どんな手段があるか考えた事がありますか。?僕ならおおまかに3つの手段を考え、それを並行して実行する事を考えます。一つは軍事的手段。改憲派が現行憲法下で構想しているのは 中共が侵略を始めてから自衛隊が反撃すると言うものです。この場合、日本側に多数の死傷者が発生しますし、中共が尖閣諸島に上陸を果たせば奪還は難しくなります。万が一、日本単独で中共の全面攻勢を跳ね返さなければならなくなった場合、まともに戦えば日本に勝ち目はありません。中共は間違いなく、物量作戦?人海戦術で来ます。例えば、中共が保有する数千機にも及ぶ旧式戦闘機で攻めて来た場合はどうなるでしょう。?旧式戦闘機であれば、自衛隊の戦闘機であれば難なく撃墜してしまうでしょう。しかし、いくら相手が旧式機であるとしても、ミサイルを使用しない訳にはいかないでしょう。日本が保有するミサイルにも限界はありますから、中共戦闘機を全機撃墜してしまう前にミサイルを撃ち尽くしてしまいます。その後の自衛隊は丸腰同然です。中共では兵隊の生命の重さは非常に軽いですから、そんな無謀な物量作戦や人海戦術を行うにも抵抗感は薄いんです。アメリカが安易に軍事行動に移らないのは、このためで、中共とアメリカが衝突すれば、アメリカは敗けないものの甚大な犠牲を覚悟しなきゃならないからです。つまり日本側は人命の損耗を極力減らし、同時に兵器もまた効率的に使用する必要がある訳です。ならば、尖閣諸島に中共が上陸できないようにする……つまり“近接阻止”と言う戦術を採る必要があります。尖閣諸島に基地を造るのも一つの手段でしょう。しかし、一番有効な手段は尖閣諸島の領海内に機雷を多数敷設する事です。おそらく中共は自衛隊の機雷を除去できる掃海技術は持っていないでしょう。艦船やボートが近づけない以上、無理矢理上陸する手段はヘリコプターで尖閣諸島に兵士を運ぶしかありません。そんな行動は明らかな侵略行為ですので、自衛隊は初期の犠牲も出さずに防衛行動に移れます。3つの手段の残りは外交と経済で戦う事です。戦争には人命だけでなく、お金や物資も大量に必要になります。その物流輸入などや資金源を破壊する事は 軍事行動を妨害する事になります。また、中共が長距離ミサイルで日本を攻撃する意図を見せたとします。武力行使的には、その長距離ミサイルを迎撃ミサイルで撃ち落とす事になりますが、迎撃ミサイルの数、性能の面で完全とはほど遠いものです。それに対しての対策は何があるでしょう。?そこで有効なのが外交です。ミサイルが脅威ならば、ミサイルを発射できない情況を作り出せば良い。例えば、中共に対抗し得る国家に働き掛けて、軍事的圧力を掛けてもらう。日本よりも強力な軍事力を持つ国家の軍事的圧力なら、戦闘にならないとしても、日本に構っている余裕は無くなる。もしくは、中共内部の反対勢力に対して支援?協力する。そうすればミサイルを撃ちたくても撃てない情況を作り出せる訳だ。歴史を見ても、日露戦争の折、モスクワの兵力をシベリアに増援させないようにするため、明石大佐が単身ロシア帝国に潜入して、ロシア国内の反政府勢力に武器と資金を提供していた。それが日露戦争にどのくらい影響したかは不明だが、後のロシア革命の火種になってしまったのは明らかだ。同時にイギリスと同盟を結び、ロシア帝国に対しての経済?物資取引の妨害、日本への資金?物資調達などで日露戦争の戦局に大きく影響している。それによって、軍事的には圧倒的に有利なロシア帝国が思うように戦局を推移できず、結果的に日本の“判定勝ち”を赦してしまった。つまり、改憲派の人間には深い観察力や考察力が決定的に足りない。だから、子供の喧嘩みたいに感情論で戦争を語る。戦争に必要なものは、一番に情報と補給。! そしてよく兵法を練り上げる事。彼等はそれに気がつかない。憲法を改正するとしても、それを中共は待ってくれない。憲法を改正できたところで、彼等の思うような装備を自衛隊に配備するには時間もお金も足りない。憲法改正の動き自体が無駄な事なのに、何も理解できていないから一生懸命憲法改正の運動を推し進めようとしている訳だ。本当に中共から日本を防衛する心意気が政府に在れば、既に行動していてもおかしくはない。心意気が無いのであれば、憲法を改正したところで、中共の一方的な侵略を赦すのみだ。う~ん、自分も96条だなあ。安倍首相が考える憲法の改正も、96条の中の議員の3分の2というところを、国民投票で改憲が出来るという ”国民投票法案” に変えようとしてた。野党がこの法案の審議入りをさせない為にサクラだ森友だ加計だと、かましてきては邪魔をして潰した。国会の期末になると 今国会での国民投票法案の審議を断念という報道がこそっとされる。その度にげんなり。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です