2007年度 臓器移植のディベートするの否定派の意見てi

2007年度 臓器移植のディベートするの否定派の意見てi

それをここで第三者に聞いてもどうにもなりません。臓器移植のディベートするの、否定派の意見て、ips細胞で先臓器移植必要なくなる的な主張たいの、ips細胞臓器移植の一部なのでょうか そうだたら逆肯定派の意見なってま、、、 明確な根拠 生命倫理について考える。調べ学習と発表 ① 「ES細胞の作成方法」「iPS細胞の作成方法」「
ガードンの実験と成果」③ 「脳死と植物状態」「臓器移植法」「臓器移植と
拒絶反応」 ディベート形式ディスカッション① テーマを決めて。自分で調べ
てまとめる?体的な学び?深い学び③ 相手の意見をしっかりと聴いた上で質問
を考える?思考力?判断力 ④ 質問をしっかりと聴いた上で返答する?思考力?
判断力 ⑤ 異なる立場からの意見を聴くことで。考えが深化する?深い学び

2007年度。テーマ ]細胞樹立を目的としたヒトクローン胚の 作製に賛成か反対かでも
この技術が発達すれば大きく医療発達につながるし。臓器売買によって殺されて
しまう人も少なくなると思います。だからたしかに倫理的な問題はあるが。
生命操作をどこまで行ってよいかの境界があいまいで。またそれを決めるのも
難しいことだと思うので。しかし。自分の親族が移植を必要としている状況に
直面した時にも「移植は反対」と主張できるかと言われれば。意見は変わると
思います。脳死?臓器移植の意識についての一考察。法律的,宗教的見地からみても納得できる結論を見 いだす必要があるにまた,
立花も「脳死からの 臓器移植が認められるためには,社会的に脳死は個 $稲築志
耕館高校 “熊本大学医学部附属病院 体死であるということをアクセプトする

それをここで第三者に聞いてもどうにもなりません。質問者さんの参加するディベートにおける定義の問題なので。そういったところをきちんと確認するのも含めて「ディベート」です。例えば、日本臓器移植ネットワークでは、「臓器移植」を、「病気や事故によって臓器心臓、肺、肝臓、腎臓、膵臓、小腸などが機能しなくなった人に、他の人の健康な臓器を移植して、機能を回復させる医療」臓器移植とは 日本臓器移植ネットワークとしていますから、これに従うならIPS細胞を用いた場合は「臓器移植ではない」と言えるでしょう。「他の人の健康な臓器を移植」していないので。しかし、字義通りに捉えるなら、「IPS細胞で作った臓器」を移植するわけですから、「臓器移植である」とも言えます。どちらと考えるかは、そのディベートにおいて決めることです。ただ、「臓器移植ではない」のだとしても、>ips細胞でこの先臓器移植が必要なくなる的な主張をした場合、「じゃあ“今”は必要なんですね?」と言われると思いますが。そんな専門知識必要な根拠を無料掲示板で求めるとは……すげえ私なら神の所業だから反対ですって方向性にするけど

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です