7月15日 卑弥呼倭迹迹日百襲姫命次の男王崇神天皇次の女

7月15日 卑弥呼倭迹迹日百襲姫命次の男王崇神天皇次の女

卑弥呼が誰か。卑弥呼倭迹迹日百襲姫命、次の男王崇神天皇、次の女王豊鋤入姫命いう説大間違いでないか 倭迹迹日百襲姫命、崇神天皇、豊鋤入姫命神様魏や晋朝貢するなど あり得ません 其ノ二十。倭迹迹日百襲姫命やまとととびももそひめのみことは三輪山の大物主神
おおものぬしのかみの妻となりましたが。神さまは日没後に通って夜明け前に
帰るので。その姿をはっきりと見ることはできません。そこで姫は「麗しいお姿
を見[???]。/////_ 女王 卑弥呼 時代の
実在 人物 次ぎに魏志に登場する邪馬台国の弥馬升みまし」の音韻からみて御
真木入日子印恵命-年。つまり書紀の云う崇神天皇ではないかと考え
ます。④「その国はもと男王を立てて七。八十年間統治したが。その後内乱が
起こり暦年相争った。ところで当時の大王崇神天皇~歳
と。倭迹迹日百襲姫-歳没。それに実弟大

[。国史では「豊鋤入姫命は崇神天皇の皇女」とするが。これは倭国を乗っ取った
藤原氏による系譜の改ざんである。卑弥呼が亡くなった後の「男王」は垂仁
天皇の次の景行天皇であった。8 原古事記には「孝霊天皇の皇女。倭迹迹
日百襲媛命倭姫命」とあり。「垂仁天皇の皇女。豊鋤入姫のちの藤原氏は
崇神天皇も垂仁天皇も欠史8代ではないのでこの2天皇を利用した。祭祀伝承に見る崇神天皇像。れ。天照大神が豊鍬入姫命に託けられて。倭の笠縫邑に祭られる。また倭 大国魂
神は渟名城入姫命に託けられるが。姫はしたがって大物主神と倭迹迹 日百襲
姫の神婚を語る紀の 墓伝承は。記には載せられない。古事記は崇 神天皇条の
祭祀いて次のように用いられる。 a於 レ是副 二賜其 岐斯八尺勾 。鏡 。 草
那藝劒。 亦常世思金神。 手 力男神。ではない。 記 紀の系譜 頁 を
比較すると。 孝霊天皇の皇女である倭迹 迹日百襲姫命は。崇神紀七年。十年の
記事と

第10代崇神天皇。第10代崇神すじん天皇> 異称。 御間城入彦五十瓊殖天皇みまきいりひこ
いにえのすめらみこと。日本書紀。の 皇女豊鍬入姫命を台与とよに
見立てて。倭迹迹日百襲姫命の墓。「箸墓」を魏志倭人伝に言う「卑弥呼の
この第10代崇神天皇が大和朝廷の初代ではないかという説は結構有力で。そ う
するとここが日本の最初の首都次倭日子命。六柱 此天皇之御子等。并十二
柱。男王七。女王五也 故。伊久米伊理毘古伊佐知命者。治天下也。7月15日。稚日女命と倭姫命は藤原氏に名前を変えられた卑弥呼であった。内藤湖南倭姫
説と笠井新也倭迹迹日百襲姫説はどちらも正しかった。藤原氏の国史
その時。開化天皇や崇神天皇は豊田市の猿投神社に。倭迹迹日百襲姫命は神戸市
の旧生田神社にいた。?台与は豊鋤入姫命であり第12代景行天皇の妹である

「邪馬台国?卑弥呼」のブログ記事一覧。3 台与を豊鋤入姫命とし卑弥呼を倭姫命に比定すると。国史と魏志倭人伝と
は順番が違う。卑弥呼が亡くなった後の「男王」は垂仁天皇の次の景行天皇で
あった。豊鋤入姫8 原古事記には「孝霊天皇の皇女。倭迹迹日百襲媛命
倭姫命」とあり。「垂仁天皇の皇女。豊鋤入姫命」とあった。のちの藤原氏
は崇神天皇も垂仁天皇も欠史8代ではないのでこの2天皇を利用した。速吸の
門」は明石の多くの弥生遺跡より間違いなく明石海峡である。伝説の時代の斎王/明和町ホームページ。年, 崇神年 年頃, 年 倭姫命 やまとひめ, 父。 垂仁天皇 母。
丹波道主王の女。日葉酢媛命。 垂仁天皇皇女。 豊鍬入姫命より。御杖代の役目を
引き継ぎ。天照大神の鎮座される地を求めて各地を巡幸し。伊勢に至った斎王

卑弥呼が誰か?ですが、魏から送られた金印が、発見されない限り謎ですよね。様々な説の中には、天照大御神とスサノオ男弟では?とする説もあり、神功皇后が日の巫女=卑弥呼、土蜘蛛族の女首長説等永遠に謎でしょうが、それはそれで良いかなと思います。ただ、dawazhuoma0725さんの仰る通り、皇室の先祖が魏に朝貢をしていたとは考えたくないので、やはり土蜘蛛族の女首長?田油津媛でしょうか?卑弥呼は倭迹迹日百襲姫命ではありません。◎縄文時代縄文時代に森林で縄文人が縄文文化を営んでました。長江下流から西日本にかけて照葉樹林が茂っていました。長江下流では倭族が刺青や温帯ジャポニカ米の水田稲作や貫頭衣や高床住居や鳥居やしめ縄などの照葉樹林文化と長江文明を営んでいました。春秋時代に倭族は漢人の中原諸国に攻められ、越や呉を建国する過程で難民が四散し、山岳地帯のミャオ族やインドのタミル人や東南アジアのモン族になり、済州島や対馬の倭人=渡来系弥生人にもなりました。渡来系弥生人は刺青や温帯ジャポニカ米の水田稲作や貫頭衣や高床住居や鳥居やしめ縄などをもたらし、対馬に天国あまくにを建てました。◎弥生時代倭族=倭人=渡来系弥生人は北九州の縄文ムラに水田稲作を伝えて菜畑遺跡になり、更に朝鮮半島南部や本州や四国にも弥生文化を広げ、人口が縄文人より増加しました。朝鮮半島からも渡来して、無紋土器や支石墓などをもたらし、土生遺跡などになりました。縄文人と渡来系弥生人は混血して日本人=大和民族になりました。日本列島は低地が狭かったので、ムラムラが低地や河川や収穫を奪い合って戦い、環濠集落が営まれました。勝ったムラはクニになり、対馬の天国あまくにの他に委奴いと国や出雲王国や吉備王国など百余国が建国されました。対馬の天国は加耶も領有し、その天照あまてる王の子孫は出雲王国に国譲りを要求して征服し、出雲王国は銅鐸や銅剣を大量に隠して、荒神谷遺跡や加茂岩倉遺跡になりました。国々は戦争を続け、最後まで徹底抗戦して負けたムラは奴隷にされ、被差別部落の起源の一つになりました。委奴国は支石墓を営み、後漢に朝貢して、「漢委奴国王」印を授かりました。天国はニニギ王が北九州の日向ひむか峠などに天孫降臨し、委奴国や奴国などを服属して倭国になり、北九州や加耶などを支配し、甕棺墓群を営んで須玖岡本遺跡になり、三種の神器を祀りました。倭国の大乱で高地性集落が増え、青谷上寺地ムラは全滅し、倭国から一部の末端勢力が追い出されて東征し、奈良盆地の飛鳥川の扇状地の銅鐸勢力を滅ぼし、ヤマト王国を建てて、神武王になりましたが、その後9代目までは大した事績も無く、欠史八代になりました。後漢から三国時代に変わり、遼東半島には後漢から公孫氏が独立して、倭国を脅かしました。238年に魏が公孫氏を滅ぼすと、倭国の卑弥呼王は魏に朝貢したので、今度は呉が倭国を脅かし、倭国は有明海沿岸の吉野ケ里ムラを軍事基地にして備えました。◎古墳時代ヤマト王国の崇神王は巻向方面を征服して、神殿を建て、ヤマト同盟の諸国が種々の様式の土器を持ち寄り、纏向遺跡になりました。彼は改めて始祖王とされました。高句麗からの渡来人がヤマトや倭国などに古墳文化をもたらし、百済や新羅からも渡来しました。崇神王朝は巻向石塚古墳や箸墓古墳や行燈山古墳や渋谷向山古墳などを営みました。倭国は沖ノ島で祭祀しました。百済は高句麗や新羅と対抗したので、倭国と同盟し、倭国に七支刀を奉りました。倭国は高句麗と戦い、高句麗広開土王碑に記されました。ヤマト王国は参戦せず無傷だったので、騎馬軍で大阪平野を征服し、古市古墳群や百舌鳥古墳群の巨大古墳を営みました。魏の後継が南朝になったので、倭国の五王は南朝の宋に朝貢し続けました。倭国は朝鮮半島南部に前方後円墳を営みました。百済の蓋鹵王は新羅と対抗したので、倭国と同盟して、倭国王に銘文鉄剣を奉り、江田船山古墳に副葬されました。関東の加多支鹵大王は部下に銘文鉄剣を下賜して、稲荷山古墳に副葬されました。ヤマトの継体王は倭国の磐井王を磐井戦争で敗り、ヤマトの物部将軍は倭国から七支刀を奪い、石上神宮に納めました。◎飛鳥時代倭国は大宰府を都とし、仏教を取り入れ、倭国王阿毎字多利思北孤あめのたりしひこ?は遣隋使を送りました。ヤマト王国は征服した諸国の元王達に古墳の祭祀を禁じ、皇室の祖先神をアマテラスだとし、諸国の元王達の祖先神をアマテラスの子分の神々として序列化し、古墳の代わりに神社を建てさせました。更に外来の仏教を強制し、古墳の造営を禁じて、寺院の建築を推し進めました。倭国は白村江戦争で新羅や唐に敗れて衰えましたが、ヤマト王国は参戦せず無傷でした。7世紀末にはヤマト王国が国名を日本とし、その王を天皇と改め、東国農民を防人として倭国に送って滅ぼし、西日本を統一しました。日本は諸国の歴史書を集め、それらを参考文献にして、「天皇紀」「国記」「帝紀」「旧辞」などを編みましたが、それらは失われ、更に「古事記」「日本書紀」を著し、参考文献を焚書し、倭国の歴史を抹殺しました。倭迹迹日百襲姫命、崇神天皇、豊鋤入姫命は神様ではないので魏や晋に朝貢する可能性もあります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です