Brown 主治医内緒でセカンドオピニオンで他病院受診た

Brown 主治医内緒でセカンドオピニオンで他病院受診た

そもそも嫌なら別の病院に行ったらどうですか。医療詳い方アドバイスお願います 主治医内緒でセカンドオピニオンで他病院受診た場合、セカンドオピニオン側の医師内緒ます、言われ か、水面下で医療機関同士情報伝わるのか 主治医の対応ひどくて困って セカンドオピニオン側で手術対応できず、結局元の病院戻ってます、元冷たい医師でた、 対応さらひどくなり、症状良くなってないのあなた軽症だ薬処方する必要ない う見ない 夫婦のコミュニケーションれてない言われ 今手術すすめられていたの セカンドオピニオンばれて 対応悪いのか危惧て 知識のある方 ちなみ腰部脊柱管狭窄症で通院てます セカンド?オピニオン。セカンドオピニオンとは。患者さんの「主治医」の説明とは別に「主治医以外の
第二の意見」という意味です。 これは主治医の考えに納得している場合でも。
もう一つ安心して治療を受けるために他の医師の意見も聞いておきたいという
ことも本当に癌であるのか。診断は正しいか。治療法について言われたこと
しかないのか。などと心配になります。などなどの理由によって。
ホームページや口こみで。セカンドオピニオンを求めて受診される患者さんが
多くおられます。

セカンドオピニオン~皆さまへ~。なかには主治医に内緒でほかの病院を受診する人もいるでしょう。正確に言うと
この場合はセカンドオピニオンではなく。重複受診ドクターショッピングに
なります。検査データや紹介状がないので。問診-検査-診断という流れを最初からセカンドオピニオンとは。しかし。セカンドオピニオンの本当の考え方と意味を知っている方は。日本では
まだまだ少ないと言われています。欧米では日本より今の主治医に内緒で違う
病院でセカンドオピニオンを受けたい」 このような最初の医師には内緒に
したい…」ここではいくつかのタイプ別のセカンドオピニオン受診動機をご
紹介します。例えば末期がんの患者さんで余命年と宣告された場合は。
セカンドオピニオンで新薬や治験。海外の最新治療の情報を知りたいということ
もあります。

気をつけろ。セカンドオピニオンでも納得できなかった場合は。結局病院を~ヵ所も回る
ことになる。心証を悪くするからと。主治医に内緒で来る人もいる。
セカンドオピニオンでオプジーボの効果について相談するぶんにはいいと思い
ます。セカンドオピニオンの基礎知識。始めから医師を変えたいという意思がある場合は。転院?転医となります。
セカンドオピニオンを受けたのち。結果的に別の医師が提供する治療を受ける
ために医師を変えることはあります。 主治医セカンドオピニオンを受けたいが。また。内緒と言うことは。その患者さんの病気や現在の担当医に提示された治療
の情報は。患者さん自身の言葉だけになります。オピニオンを受けたい」と
はっきりと申し出ることと。セカンドオピニオンは病院を移るのではなく。他の
医師の意見での治療方法を選択しようと決心したら。その旨を現在の担当医に
伝え。改めてその病院を受診するようになります。最初から病院を移るつもりの
場合は。セカンドオピニオンではなく。転院として担当医に申し出ることになり
ます。

教えて『セカンドオピニオン』のホントのところ。現在の診断や治療方針について。患者やその家族が主治医以外の医師に意見を
聞くというもの。セカンドオピニオンを受ける病院では。新たな検査や治療は
行わず。主治医から提供された検査結果をもとに意見を伝えます。自分では
判断できない場合。主治医の判断に納得がいかない場合。テレビで別の治療法を
知った場合などが多いです。主治医にセカンドオピニオンの話をするのは
気まずいので。内緒でほかの医療機関を受診することもできますか?Brown。今の主治医に内緒で違う病院でセカンドオピニオンを受けたい」初めから医師
を変えたいという明確な意思がある場合は。転院もしくは転医ということになり
ます。ここではいくつかのタイプ別のセカンドオピニオン受診動機をご紹介し
ます。この治療方法がベターです」と言われても。何と比べてベターなのか?

病院。同じ地域で転院する場合は。「紹介状を書いてください」とは。先生に言い今
の主治医にセカンドオピニオンをもらいに行くと言いにくいです。 法とて
ますが 経過が 良くなくて 大きいい病院へ。紹介状を 書くと 言われました。
病状によっていつ受診した方がいいかは違いますので。紹介元の医師に聞くと
いいセカンドオピニオン:[国立がん研究センター。セカンドオピニオンは。今後も現在の担当医のもとで治療を受けることを前提に
利用するものであり。「がん診療連携拠点病院では。標準治療に基づいて治療
方針が決められるため。病院や医師によって意見がまた。患者が入院中の場合
などでは。本人の同意があれば家族のみで代理受診ができることもあります。
これまで。どのような検査をし担当医にどのように言われたかや。質問事項を
メモしてから行くと。限られた時間を有効に使うことができます。

そもそも嫌なら別の病院に行ったらどうですか?今時、病院なんて腐る程ありますよ!>しかし、水面下で医療機関同士情報は伝わるものですか?医師が黙ってりゃ、普通は伝わりません。元から冷たい医師なら、あなたの後ろめたさがなおさら冷たく感じさせている可能性もあると思います。それはそれとして、セカンドオピニオンは主治医に内緒ではできませんよ。主治医の診察記録、検査結果等をもって他医に意見を聴きに行くのがセカンドオピニオンです。あなたがしたのは、単なる重複受診です。そういうのはたいがい、主治医と合わない、診療が不満、などで他の病院へ移ること前提でやるものですから、もしバレたのだとしたら主治医の信頼を損ねるのは当然です。仮にそうだとしたら、それでへそを曲げるのは主治医も大人げないですけど、内緒で他医を受診する患者も誠意がないし、お互い様ですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です