Search アメリカの警察って少反抗たらすぐ銃むけてき

Search アメリカの警察って少反抗たらすぐ銃むけてき

失礼なんて事はありません相手が何を持っているか分からないので、銃口を向けられる前に銃口を向けるのです逆だよ。アメリカの警察って、少反抗たらすぐ銃むけてきますよね 人銃向けるの失礼ってこ分ないんかね アメリカ人本当警察至る教養疑 日本。店員さんがなんて言ったかわからなくて。もう一度言ってもらいたい時に使え
ます。, レジの店員さん , 日本で警察による発砲は年に
数えるほどしかありませんが。アメリカでは警察による発砲は珍しいことでは
ありません。が多かったが。この用心棒もシェリフやマーシャルと呼ばれて
おり。こちらも後に郡保安官の制度に組み込まれていった[]。,日本でも
おなじみのマクドナルドですが。アメリカでと日本とではたくさん違いがあって
面白いですよね。Search。トランプ支持者の米議事堂乱入を見て中国の環球時報は喜びを隠し切れず。中国
のネットの一部の人たちがメディアに対して何と言ったか覚えておられます
よね?○年間アメリカが奉ってきた「民主」って。こういう光景なのね?
ワシントンのすぐ北にあるメリーランド州モンゴメリー郡の警察小隊も。日の

米警官が黒人を背後から銃撃。米ウィスコンシン州?ケノーシャでは。黒人男性が警官に銃撃された事件を
めぐる抗議デモが続いている日その後すぐに抗議デモが勃発。
フロイド氏の死はアメリカの警察の残虐行為や人種差別を浮き彫りにし。世界中
に抗議デモが広まった。ソーシャルメディアでシェアされた動画では。人の
警官が駐車中のスポーツ多目的車の周りを歩くブレイク氏に。武器を
向けているの警官の訴追を求める請願書には。数万人もの署名が集っている。アングル:黒人に偏る犠牲者。警官による殺害への抗議を通じて。警察の対応に注目が集まるなか。米国の法
執行部門が抱える難題が浮き彫りになっている。断続的な電流によるショックを
与えるテーザー銃は。対象者を拘束するため数秒間の猶予を警官に

失礼なんて事はありません相手が何を持っているか分からないので、銃口を向けられる前に銃口を向けるのです逆だよ。不良や犯人に少しでも隙を見せたら自分が殺されるからだよ。いいかい。日本だったら単なるスピード違反検挙でも、アメリカでは銃で撃たれて怪我したり殺されたりする警察官は少なくないんだぜ。あのですねアメリカは銃社会。反抗した人に銃で警官が撃たれる危険性があるのでセルフディフェンス、正当防衛として撃つことも法律で認められてます。「人に銃を向けるのは失礼」ってのは平和ボケした日本人的考え。相手が銃を持って撃ち殺される可能性がある時点で「失礼」とか日本人的常識範疇で考えることが間違い。そんな教養は日本国内でしか通じない。吊りですか? T?P?Oにもよりますが、「少し反抗したらすぐに銃むけてきますよね?」そのように警官に反抗する相手には、防御威嚇するよう指導されているからです。反抗しなきゃ、威嚇されませんし銃口も向けられません。「人に銃を向けるのは失礼ってことが分からないんですかね?」それは、事件性も何もない平常時の話。そもそも警官に反抗するのが、失礼ですね。「人に銃を向けるなって、犯罪とか戦争の世界じゃ無意味だろ」但し、まともな警官ならば引き金に指を添えるだけで銃鉄も起こしてないでしょう。いわゆるコンバット?モードってやつですかね。年間1000人以上の警官が殺されているのですから、警戒するのは当たり前でしょう。教養とかの問題ではない。失礼ですが警察官はそれが許されています。一般人がしたら違法になります。教養の問題ではありません。銃社会なので仕方ありません。反撃を許すと自分が殺される可能性があります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です