ペロポネソス戦争 ペロポネソス戦争でアテネ敗れデロス同盟

ペロポネソス戦争 ペロポネソス戦争でアテネ敗れデロス同盟

アテネとスパルタはその性格が大きく異なりました。ペロポネソス戦争でアテネ敗れ、デロス同盟影響ありスパルタペロぽね宋戦争以前アテネ軍事力上だったのでょうか 、アテネのほう厳格なスパルタうまく立ち回れていたのか ペロポネソス戦争。ペルシア戦争前500~前449年の最終段階。サラミスの海戦でアテネ
海軍の活躍でギリシアのポリス連合軍は勝利を占めた。海軍力を新調させた
アテネは。ペルシアの再襲来に備えて。エーゲ海域の諸ポリスと攻守同盟である
デロスペロポネソス戦争とは。ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 – ペロポネソス戦争の用語解説 – 前 ~
年のアテネ,スパルタ二大強国間の諸市の自治を破壊しあるいは脅かすに
いたり,みずからの地位への脅威を感じたスパルタは,同盟諸国の要請もあり,
前 年ほぼ 年にわたったペロポネソス戦争の結果,アテネのギリシア統一
の野望は破れ,エーゲ海地域からシチリアにペルシャの脅威に備えて結成した
「デロス同盟」の盟主だったアテナイは。その立場を使い勢力を広げ。前世紀に

ペロポネソス戦争でアテネ敗れデロス同盟影響ありスパルタペロぽね宋戦争以前アテネ軍事力上だったのでょうかの画像。ペロポネソス戦争。アテネの隆盛 ペルシア戦争後。アテネはギリシアでも最も優れた民主制度を
作り上げ。デロス同盟の盟主として。ギリシア内での支配力を強めていきました
。 一方。ギリシアには。スパルタを中心とし。コリントスや他のペロポネソス戦争とポリスの没落。ペロポネソス戦争とポリスの没落 アテネが支配権を強化していったのに対して。
デロス同盟に加わらず。従来からあったアテネ軍がシチリアで全滅し
ペロポネソス側が勝利した。絶え間ない戦争でポリス世界の混迷と衰退はおおい
がたかった中。長く未開な部族国家にとどまっていたマケドニアが。絶え間
ない戦争と。一方での貨幣経済の浸透により。ポリス社会では貧富の差が拡大し
。ことにスパルタでは土地所有市民が激減するというありさまであった。

アテネとスパルタはその性格が大きく異なりました。アテネは交易を重視し、商業で発展し、極論すると軍事はその利権を守り拡大するためのものでした。スパルタは少数のスパルタ市民が大多数の農奴を支配する体制で、精強で知られるスパルタ軍はそれ自体が国家の根幹であり、言わばもっとも初期の軍国主義だったのです。このためスパルタの正規軍は少数精鋭を貫き、必然的に僅かな損害でも国家の存亡に関わりかねないため、軍事力の行使はむしろアテネよりも消極的でした。逆にアテネは多くの傭兵を入れており、戦力的にはスパルタに劣るとはいえ金で軍事力を拡大出来たのです。また当時の軍は兵站機能が無いに等しく、遠くに行軍するどころか動員した大軍を一箇所に止めておく事すら困難で、時間をかけてじっくりと攻城戦を行う事が出来ないので、防御を固められると手を出す事は至難の業でした。このためアテネは短期決戦を避けてアテネを覆う城壁の中にこもり、長期にわたる消耗戦を挑みつつ、交易で多くの船舶を有している事から海上優勢を生かして、各地にアテネ軍を送り込んで勢力を拡大し、スパルタに勝利するという戦略を採用します。これは理論上は最善の選択だったのですが失敗します。まず城壁の中に大勢の人間がこもる事で、当時の貧弱な都市インフラが破綻して疫病が流行します。また各地に送り出した兵もシチリア遠征軍が全滅月食のために撤退を中止して全滅という有名なエピソードがありますするなど、うまくいきませんでした。更に経験を重ねる事で次第にスパルタも海上戦闘に慣れてきて、アテネの海上優勢も脅かされます。そして最終的にアテネの政治は衆愚政治と化し、戦闘に勝利した指揮官が内紛のとばっちりで処刑されると言った事態を招きアテネ軍の士気も崩壊して、海軍も壊滅してこれでアテネは食料の輸入が出来なくなって降伏するのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です